菅谷医院|笠間市 胃腸内科 整形外科 内科 小児科 皮膚科 外科 岩間駅より徒歩5分

菅谷医院 笠間市 胃腸内科 整形外科 内科 小児科 皮膚科 外科

菅谷医院の受付時間は、月・火・水・木・金は8:30~11:30、14:30~18:00|土曜は9:00~11:30|日・祝は休診

菅谷医院の電話番号0299-45-2172

菅谷医院は駐車場10台をご用意しております

気管支喘息

気管支喘息は息をするときに空気が通る道である気管支が狭くなってしまい、息がしづらくなってしまう、喘息発作を繰り返す病気です。

発作を起こしているときの気管支はとても敏感で、少しの刺激でもゼーゼー、ヒューヒューとして咳が出て呼吸困難の症状が出てしまいます。

症状

咳やタンが出やすくなり、息苦しくなります。

また胸が圧迫されているような感じもし、のどの不快感も伴います。

喘息の症状は軽いものから重いものまで程度が様々で、小さなお子さんの場合には、風邪をひいたときの咳の症状と似ており、判断が難しいところです。

原因

気管支喘息の原因になってしまうのは、先にも書きましたように、ほんのわずかな刺激です。

具体的にはいかが挙げられます。

アレルゲン

ダニなどの微生物、ハウスダスト、ペットの毛などは、吸い込んだ時にアレルギー炎症を起こします。

これらは生活環境の整備が大切になっていますので、こまめに掃除をすることが重要です。

感染症

かぜをひいてしまうことでも、気管支には刺激が加わります。

ウイルスによって気管支が炎症を起こすと、発作を起こして咳が出ます。

運動

「運動誘発喘息」という、運動時に乾いた冷たい空気が軌道に入ることで喘息発作を起越すこともあります。

空気が乾燥していて、気温が低い日には運動によって発作を起こしてしまうことが多いので注意が必要です。

環境

季節の変わり目での激しい気温差や、大量に飛散する花粉、またたばこの煙などの大気汚染物質も気管支を刺激する要因です。

小さなお子さんのまわりではタバコを吸うことは控えてあげましょう。

治療

気管支喘息の治療としては大きく2つの種類の薬があります。

一つは、発作が出ないようにする治療薬、もう一つが、発作が出た際に症状を和らげる治療薬です。

発作を抑える薬

発作が起きないように予防する薬としては、抗アレルギー薬や吸入ステロイド薬を処方します。

いくつかの種類がありますが、日々発作を予防するため長期にわたって服用します。

症状を和らげる薬

こちらは発作が起きてしまった際に、息苦しさの原因になっている狭くなった気管支を広げるためのお薬です。

気管支の拡張には飲み薬や張り薬があります。

症状は楽になるのですが、喘息を治すお薬ではないことをしっかり意識しましょう。

小さなお子さんは風邪との判別が難しいこと、また喘息は元気な時でも予防のためにお薬を飲むなど根気のいる病気ですので、医師と一緒に炎症の管理をしていきましょう。

診療科のご案内
胃腸内科
小児科
外科
整形外科
皮膚科

このページの先頭へ戻る