菅谷医院|笠間市 胃腸内科 整形外科 内科 小児科 皮膚科 外科 岩間駅より徒歩5分

菅谷医院 笠間市 胃腸内科 整形外科 内科 小児科 皮膚科 外科

菅谷医院の受付時間は、月・火・水・木・金は8:30~11:30、14:30~18:00|土曜は9:00~11:30|日・祝は休診

菅谷医院の電話番号0299-45-2172

菅谷医院は駐車場10台をご用意しております

夜尿症

夜尿というのは、夜寝ているときに知らないうちにお布団の中でおしっこを漏らしてしまうことです。

膀胱の大きさと、おしっこの量のバランスが取れていないと夜尿を引き起こしてしまいます。

おねしょとの違い

夜尿症とおねしょはどちらも、夜寝ている間に無意識に排尿してしまう点では同じです。

その違いは年齢にあります。

夜尿症は小学校入学前後(5、6歳)になってもおねしょが続き、生活指導やお薬による対策が必要であると判断された場合に使われる名称です。

原因

夜尿症の原因は、寝ている間に作られる尿の量と、それをためておく膀胱の大きさのバランスが取れていないことがまず挙げられます。

寝ているときに膀胱がいっぱいになった時「おしっこがしたい!」と起きることができれば、おねしょを防ぐことができますが、起きることができないということも、おねしょが続く原因と言えます。

治療

夜尿症には、夜間にできる尿の量を減らすものと、おしっこがいっぱいになった時に起きれるようにする治療があります。

お薬による治療

抗利尿ホルモン薬により、尿や水分量を調整するホルモンをコントロールしたり、抗コリン薬を使って膀胱がより多くのおしっこを溜められるようにすることもできます。

アラーム療法

おしっこがしたくなった時に、それをアラームで知らせてお子さんを起こしてあげる治療法です。

専用のセンサーを寝る時に付けて、夜尿を感知した際にアラームで起き、トイレに行くという習慣を訓練していきます。

アラームは音や光、振動などの種類があります。

ご両親へ

夜尿症はお子さんにとっても恥ずかしいと感じる病気です。

精神的に負担になってしまうことがありますので、治療の際にはまわりの大人たちの接し方がとても重要になってきます。

改善を焦ったり、うまく効果が出ないからと怒ったりしないようにしましょう。

それよりも、少しでも改善できたら必ずほめてあげて、まわりもしっかりサポートしているという安心感を与えてあげましょう。

誰でもおねしょの経験はあると思いますが、大抵は年齢とともにおねしょは減っていきます。

おねしょがなかなか治らない場合でも、訓練をすることで治すことができますので、お子さんやご家族だけで悩まずに、まずは医師の診察を受けてみましょう。

診療科のご案内
胃腸内科
小児科
外科
整形外科
皮膚科

このページの先頭へ戻る