菅谷医院|胃腸内科 小児科 外科 整形外科 皮膚科

菅谷医院 笠間市 胃腸内科 小児科 外科 整形外科 皮膚科

笠間市の胃腸内科 小児科 外科 整形外科 皮膚科 菅谷医院のコンテンツメニュー

みずぼうそう

かゆいプツプツが全身にひろがってしまうみずぼうそう。

小さな子どもに流行しやすい感染症で、親御さんも子どものころにかかったのではないでしょうか?

どんな症状?

みずぼうそうは主に、発熱に加えて、発疹や水ぶくれなどの皮膚症状が出る病気です。
段階ごとに症状が変わっていき、最後は自然に治っていきます。

発熱

発症してすぐは、37℃~38℃くらいの発熱を起こします。重度の高熱になることはあまりありませんが、長引いてしまうことがあります。

発疹

発熱と同時に全身に発疹が出てきます。

初めはちいさな赤いプツプツが顔やおなかに現れてきますが、その後全身にわたって増えていきます。

虫刺されやあせもと勘違いしてしまう場合もあります。

水ぶくれ

発疹は1日くらいで、水ぶくれへと変化していきます。

全身に広がっており、またとてもかゆくてお子さんにとってつらい状態です。

このかゆい状態が3~4日続き、かさぶたになっていきます。

かさぶた

かさぶたになれば、みずぼうそうの治りが近くなっている証拠です。

かさぶたは自然にはがれていき、3週間ほどですべてはがれ、消えていきます。

一般的には軽い症状で済みますが、重症化してしまうこともあります。

原因

みずぼうそうは「水痘・帯状疱疹ウイルス」というウイルスによって引き起こされます。

このウイルスは感染力が強く、空気感染や、咳やくしゃみなどの飛沫感染、手についたウイルスが移ってしまう接触感染など感染経路も多いです。

治療

みずぼうそうになってしまったら、すぐに治療を行いましょう。

つらい症状を軽くすることも大切ですが、まわりの人に感染を防ぐためにも早めの受診が重要です。

みずぼうそうの治療としては、お薬を処方します。

お薬は、以下のようなものがあります。

ウイルスを退治する薬は、発疹や水ぶくれの出る期間を短くでき、かゆみ止めや解熱剤はお子さんのつらい症状を少しでも楽にさせてあげることができます。

予防

みずぼうそうは感染をふせぐための手洗いも重要ですが、ワクチンによる予防接種もできます。

少なく力の弱いみずぼうそうのウイルスを使い、あらかじめ体に免疫を付けておくことで、感染しない、感染しても軽度の症状で済むようにするものです。

みずぼうそうはお子さん自身もつらいですが、感染力が強いため、まわりの人のためにも予防接種を受けておくと、流行を防ぐことにもつながりますので、ワクチンでしっかり予防しましょう。

もし水ぼうそうにかかってしまったという場合には、早めにクリニックを受診してください。

お子さんを少しでも楽にしてあげるために、医師の診断を受け治療を開始しましょう。

受診前にお電話などで、みずぼうそうかもしれないことを伝えてあげるととても親切ですね。