菅谷医院|胃腸内科 小児科 外科 整形外科 皮膚科

菅谷医院 笠間市 胃腸内科 小児科 外科 整形外科 皮膚科

笠間市の胃腸内科 小児科 外科 整形外科 皮膚科 菅谷医院のコンテンツメニュー

手足口病

手足口病は、ヘルパンギーナや咽頭結膜熱(プール熱)とならんで、子どもの三大夏風邪と呼ばれており、名前の通り、手足・ひざ・口の中に水疱ができる病気です。

原因

コクサッキーA16とエンテロウイルス71が原因ウイルスとして有名で、小学校に入る前のお子さんがかかることが多いです。

特にエンテロウイルス71が原因ウイルスの場合、発疹もお尻にまで達することがあり、場合によっては髄膜炎・脳炎を起こすことがあります。

髄膜炎や脳炎になると、けいれんを起こしたり、高熱が続く、激しい嘔吐が出るなどの症状が出てきますので、そういった症状との合併には注意が必要です。

治療

特効薬がありませんが、口内炎の痛みなどに対する対処療法を行います。

お子さんが元気でしたら、保育所や幼稚園の登園は一般的には可能です。